夕飯を食べ過ぎてしまった時の自宅で出来る運動

夕飯を食べ過ぎてしまった時の自宅で出来る運動

外食でも自宅の普段の夕食でも、今日はつい食べ過ぎてしまった、と思ったらすぐ運動。これが太らないようにする唯一の方法ですが、夕飯を食べたあとに外に出て走るのも面倒くさい・・・というのが本音でしょう。

それでは自宅でもできる食べ過ぎた時の運動方法を解説します。

スクワット

最もカロリーを消費するのが脚を使った運動です。大きな筋肉で全身を支えているので消費カロリーが大きくなります。

家の中で音を立てず、また場所も自分が立つスペースさえあればどこでもできるスクワットが最もお薦めです。

普段スクワットをしていないとすぐに疲れてしまうので、まずは10回を1セットとして5セット、合計50回のスクワットをできるようにしましょう。

もう少しできるなら20回を4セット以上やるようにすると効果的です。スクワットだけで食べ過ぎた夕食分のカロリーを消費することは到底できませんが、実は食べ過ぎた栄養素によって筋トレの効果もいつも以上にあげられる可能性を秘めているので悪い方に考えず、食べ過ぎたらスクワットを頑張って基礎代謝もついでに上げる!と思ったほうが良いでしょう。

脚の柔軟

ストレッチに関してはできればスクワットを限界までやって座ることしかできない状態でやってほしいですね。脚はすでに血行が良くなっているのでストレッチもいつも以上に伸びるはずです。

ストレッチによってリンパの流れもよくなり代謝が上がります。またスクワット後の血行促進効果もあるのでストレッチは必ず取り入れてください。

家の掃除

家の掃除と言っても掃除機をかける程度ではなく、ゴミを片付けたりいらないものを整理したり、散らかっているものをまとめたり・・・家全体を綺麗にできるような掃除がベストです。できればこれもスクワットの後にやってください。

全身の代謝が良い状態で家の中をウロウロ動くだけでもエネルギー消費が高い状態で行えます。

窓を拭いたり鏡を拭いたりして家の中を動きまわると効果的です。一箇所で集中して整理したり汚れを落とすような動作はほとんど動かないので、動いく必要のある面倒な掃除を集中してやったほうがいいですね。

腹筋はやってもやらなくてもOK

食べ過ぎるとお腹が出てくるのが心配ですよね。そこで腹筋をする人がいるのですが、腹筋はそれほど大きな筋肉でもないので、筋トレ自体の消費カロリーがそれほど高くなく、運動効果はスクワットの比になりません。

また腹筋をやってもお腹まわりの贅肉が特別落ちていくこともないので、余裕があったらやる、程度でOKです。腹筋をやるならスクワットを1セットでも2セットでもやったほうがいいですね。



カテゴリ

最近更新された記事