8:16時間ダイエットの効果

8:16時間ダイエットの効果

24時間を8時間と16時間のふたつにわけて食事と断食を繰り返すダイエット方法が『8:16時間ダイエット』です。言い方が違いますが8時間ダイエットなどと呼ばれることもあります。

簡単に言えば8時間は好きなモノを食べてOKですが、その後連続16時間は断食します。これによって16時間胃腸が休まるため、その分ダイエット効果が高まるというのです。

胃腸を16時間休めるとどうなるか

8:16時間ダイエットの場合、16時間断食して、この時間で胃腸の活動を緩やかにしていきます。これによって何が起こるかというと、消化器官がより活発に動くことで代謝がアップするというのです。

16時間も食べなければ当然途中でエネルギーが切れますから、脂肪をエネルギーに変えてダイエット効果が現れやすくなるでしょう。

食事回数は増やさない

8:16時間ダイエットの基本は、8時間の間に朝昼晩の食事を終わらせることです。
この8時間で食事回数を減らしたり、量を沢山食べることはせず、日常的な食事の範囲内で食べます。

食べる内容や量はいつもどおりで大丈夫です。

もし8時間以降に食べたくなってしまう場合は、9時間や10時間にして、断食時間を減らしましょう。慣れてきたら少しずつ8時間に近づけていきます。

16時間は何も食べない

基本的に8時間食べる時間が終わったら残りの16時間は何も食べないようにします。
水分補給などは必要なので水を飲むことは忘れないようにしましょう。

スタート時間は不定期でもOK

今までは夕食を抜くだけのダイエットなどがありましたが、8:16時間ダイエットの場合は、食事をしない16時間をどこに組み込んでもOKです。極端に言えば寝る直前まで食べていて、睡眠時間から断食の16時間がスタートしてもOKです。この場合はまず胃もたれなどもありますし体に良くないのでお薦めしませんが、仕事が不規則な人でも、16時間の断食を毎日続けることができるならそれで8:16時間ダイエットの効果が得られます。

起きてから2時間も何も食べないでいるとけっこう空腹感が襲ってきます。睡眠時間8時間と考えても、寝る6時間前には食事を終わらせていたほうが空腹感によるイライラは抑えられるかもしれません。

23時に寝るとしたら、夕方6時までに夕食を済ませるわけですね。食べてしまうのが良いでしょう。これなら会社勤めしていてもなんとかできそうですよね。
翌朝は7時まで寝ているとして、その後9時に朝食を食べます。普通は出勤しているはずなので、会社につくまでに何かを買うか、弁当を作ったものを持って行って食べるのが理想かもしれません。

8:16時間ダイエットの効果はあるのか

実はテレビでダイエット企画にいつも参加しているザ・タッチのふたりがこの8:16時間ダイエットに挑戦しました。

結果としてはたった10日で体重が2.2kgも減りました。体脂肪率も32.9%から31.6%に減り、善玉・悪玉両方のコレステロール値も基準値に収まっていました。

好きなだけ好きなものを食べているのに。

このように、食べない時間をまとめて確保することによって、脂肪を落とすことが可能です。

なぜ8:16時間ダイエットがお薦めかというと、栄養素を減らさないで脂肪を減らすことが出来る点です。毎日運動をしている人は当然たんぱく質は減らせませんし、エネルギー源である炭水化物は必須でしょう。

しかしライザップなどのように炭水化物をほぼ完全に抜くような食事をしていてはエネルギーが不足しますし、こんな食事一生続けることなんて無理です。

その点で8:16時間ダイエットは8時間の間であれば、肉もご飯もお菓子もなんでも食べ放題です。食べ過ぎはよくありませんが、極論栄養素は不足することがないということです。

16時間の断食と8時間の間でどのようにバランスよく食事時間を確保できるか、これが問題であり、多くの方が8:16時間ダイエットの効果を実感しています。

アメリカではすでに8:16時間ダイエットが話題になっています。食事内容が太るものばかり、というアメリカで効果絶大なのであれば、私たち日本人の日本食であれば8:16時間ダイエットの効果はさらに顕著になるでしょう。

参考サイト

8:16時間ダイエット|YabMD
8時間ダイエット
8時間ダイエット実践ブログ



カテゴリ

最近更新された記事