ふとんのダニ退治は天日干し・布団乾燥機・レイコップではダメ

ふとんのダニ退治は天日干し・布団乾燥機・レイコップではダメ

ふとんのダニ退治は多くの場合、天日干しするか布団乾燥機をかけるか、が多いと思います。最近はふとんに掃除機をかけてダニを吸引したりホコリなどハウスダストを取り除く方法もとられています。さらには布団専用のレイコップもかなりうれていますが、実はこれら全てがダニ退治という点でほとんど効果がありません。

多くの場合はダニの死骸や糞であればある程度取り除けますが生きているダニを退治することはほぼ意味が無いといっても良いでしょう。

そして取り除けないダニの数はというと、3gのホコリの中に4000匹のダニが生息していると言われています。そしてダニは体重の5~10倍の糞を毎日します。アレルギーの原因となるのは実はダニではなくこの糞であることもわかっていて、しっかりとダニ退治していない布団にはアレルゲンとなるハウスダストが大量に含まれているのです。

これは一刻も早くダニを退治すべきでしょう。

ちなみにダニが好むのは体温ほどの温度と湿度です。布団はダニのすみかとしては最高の条件なのです。そしてダニが苦手とするのは40度以上の高温と乾燥です。高温になると死滅するため、昔から布団乾燥機が使われてきたのです。

ふとんの天日干しでダニ退治はできない

布団を干してもダニは直射日光の当たらない裏側に逃げていくため、干すだけではダニ退治ができないことは最近ではよく知られるようになりました。

実際に天日干しすると表面温度は40度を超えたりするのでダニにとっては死活問題の温度であることは間違いありませんが裏側は冷たいままですので、これはダニ退治にはならないのです。布団を叩くとホコリがでてきますが、同時にダニの糞や死骸はこれで落とすことができるのであながち無駄とはいえません。

ただし布団を干したり叩いたりしたとしても完全にダニの死骸やダニの糞を除去できるわけではありません。

布団乾燥機だけではダニの死骸が残る

ダニは高温と乾燥が苦手です。布団乾燥機は布団の中を高温にしてさらに乾燥させることによってダニを死滅させる効果があります。ただし時間と電気代がかかるのが難点で、死んだダニを掃除機で吸い取る必要があります。そのまま寝てしまうと暖かくて気持ちいいですがダニの死骸や糞も大量に残ったところに寝ることになります。

布団乾燥機を使ったあとは必ず掃除機をかけるようにしましょう。

レイコップはダニを死滅させることはできない

レイコップは紫外線を使うことと吸い込むことでダニの死骸などを取り除くとしています。その通りで一切ダニを紫外線で死滅させるとは書いていません。死んでいるダニやダニの糞、ホコリなどを掃除機機能で吸い取るだけです。

これでは掃除機でふとんを掃除するのとほぼ変わらないのです。では掃除機で布団を吸い込むとどうなるか、というと、死骸や糞はある程度取り除けますが、生きているダニは鋭い爪で繊維にしがみつき、ほとんど吸い込むことはできません。

シャープのCornetは熱と吸引で生きているダニを吸引する

シャープから発売されたCornetは70度の熱を出し、さらに叩いて吸い込む布団掃除機の吸引機能がついた新しい布団掃除機です。シャープによると37度以上になるとダニはその熱によって逃げるように動き出し、その瞬間であれば吸引したときに生きているダニをそのまま吸引できることが実験でわかっています。

Cornetは熱風としてさらに高い70度を布団に与えて同時に布団を叩きながら吸い込んでいくため、ダニの死骸や糞と一緒に生きているダニもそのまま吸い込んでいきます。吸い込んだダニはサイクロン吸引の遠心分離によって99%が死にます。

さらにCornetは熱風に加えてシャープのプラズマクラスターによって消臭効果もあり、加齢臭などがまくらについていても、Cornetを使うことでかなり改善されます。実験で加齢臭を吹き付けた枕をCornetで掃除してみるとまったくわからなくほど消臭したという実験がありました。

ダニなどのハウスダスト系アレルギーで困っている方はCornetを使って布団のダニ退治をお薦めします。

参考サイト

シャープCornet



カテゴリ

最近更新された記事